ニックネームkhoatruong
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2019年11月21日(木) 10時33分

屋上緑化

"軽い土壌でも栽培可能なので、増改築においての選択肢の一つである。

つまり普段の屋上利用を立ち入り禁止にするような建物ではこのような形式が採用されている実例が多々ある。

セダムによる屋上緑化では、庭としての利用は重視されない。

つまり植物の蒸発散作用による潜熱支出からは、ヒートアイランド現象が問題になる真夏の冷却効果が得られない植物である[2][3][4][5][6]。CAM型光合成特性を持つセダムは気温25℃以上で気孔を閉じる[1]。気温25℃以上で気孔を閉じてしまうセダムの生育生理条件が満たされているドイツの気候環境はセダムに適し、またドイツと類似気候の北海道ではセダム緑化をイチ押しできる。

ちなみに、冷却を望まない使い道は考慮しられる。

工法によっては、工場のトタン屋根のような簡易的な屋上の上にも設置できるである。

セダムはドイツで住宅の屋上緑化として多く採用され、ドイツは札幌より北に位置しているため一般ホームにはクーラー施設がなく夏の気温も18〜24℃前後(日中)・夜間は15℃以下と日本の夏の高温気候前提とは大きく異なりドイツではセダム緑化に外気を冷却する効果を望んでいない。

潅水が要らないなど、簡便な屋上緑化の手段としてかつて人気であったが、最近では冷却影響が弱いとして避けられる事が多々ある。

この後、東京都や全国の自治体でセダムや苔の屋上・屋根緑化がヒートアイランド対策に有効植物でないとして助成金や補助金の拠出を止めている。

草屋根
この記事へのトラックバックURL
https://khoatruong.prtls.jp/tb/d_06d3121a7e3b153
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2020 年 5 月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
242527282930
31